経験と慣れの必要性

自宅ではできない経験

子供が生まれた時、その未来に願いをかけない親はいません。その願いがどのような形なのかは一旦別としても、少なからず何かしらの希望を抱くのが親心です。
だからこそ、名前にもその由来があり、いわゆるドキュンネームやキラキラネームなどの名前が忌み嫌われるのも由来が伝わってこないことなどから価値観が合わないのは当然です。
多くの親は、名前にどのような感じをあてがうか、どのような名前にするか、その段階で子供に何らかの希望や未来を描いているはずです。
もちろん、その希望が行き過ぎて時に親のエゴと言われるケースもゼロではありません。ですが、どのような親の希望にも、その根底にあるのは子供の健やかな未来、幸せな未来を祈る感情です。
ですから、親は子供に対して様々な経験を積ませる必要があります。それは、教育という観点からでも重要なことです。
過程内の経験だけでなく、自宅ではできない経験を積ませるために幼児期から様々な体験ができるように、幼児教室などのスクールを活用することがとても大切です。

無意識の経験値

子供は、親が思っている以上に賢いといわれている事実があります。
子供の吸収速度は、大人のような具体的な成果に見えてくるものばかりではありません。だからといって、経験を積まないままでいるよりも、経験を少しでも積めることに意味があることは確かです。
子供の間の無意識の経験値が、いざその発動ができる時期や年齢になってきたときに花開くと考えられます。
ですから、子供には様々な経験を、自宅や家族の間で、そして、特別な教室で積んでもらうことが大切です。